子供や赤ちゃんの熱の出る病気

全身状態のチェックポイント

 

・きげんはいい?
熱があっても元気できげんが良ければ慌てなくても
大丈夫。ぐったりしているときは急いで病院へ

・顔色はいい?
熱があるときの子どもの顔は赤くなるか、ピンク色
青白いときは、熱の高さにかかわりなく急いで病院へ

・食欲はある?
熱があっても、いつも通り食べたり飲んだりしているなら
心配はなし。食欲がなくても、水分さえ取れていれば
取り敢えず大丈夫です。水分も受け付けないときは
脱水症状の心配あり。

・呼吸は?
のどがペコペコしたり、小鼻がピクピクする場合は
呼吸困難を起こしている可能性があるので急いで病院へ

・嘔吐は?
嘔吐は単独で出るというより、何かの病気の合併症
として出ることがほとんどです。
何度も吐く、水分を受け付けないいという場合には
脱水症の疑いがあります。

・下痢は?
発熱より下痢が先にくることもあるので、
下痢をしたらほかの症状もないかチェックしましょう。
1~2回で終わるようなら心配ないですが、続いたり
ひどくなるとき、さらに白い便、血便、真っ黒な
タール便が出たときは急いで病院へ

咽頭炎の症状

喉が炎症を起こして赤く腫れ、38度くらいの熱が出ます。
のどの痛みや熱のために食事が食べられなくなったり、
おっぱいの量が減ったりしますが、きげんはそれほど
悪くなく、比較的見た目は元気です。

咽頭炎はかぜ症候群の一つです。
鼻炎と並んで多い病気ですが、炎症が深く進むと気管支炎
や肺炎、急性腎炎を起こすこともあります。

症状は軽くても油断は禁物です。

咽頭炎の原因とケア方法

保温と安静が何より大切

ほとんどの場合、ウイルスの感染が原因ですが
細菌でも起こることがあります、かぜのときと
同じように、家の中であたたかくして静かにして
いれば2~3日で完治します。

食事やおっぱいの量が減っても無理強いせず
少しずつあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>