せき・ゼロゼロが出る病気 一覧

咽頭炎(クループ症候群)赤ちゃんの症状

咽頭炎は赤ちゃんや幼児に多い病気で
症状は突然苦しそうな咳をしたり、呼吸困難に
陥ります。

「風邪ぎみかな?」と思っているうちに
声がハスキーボイスになって、ケーンケーンという
犬の遠吠えに似たせきをするようになったり
息を吸うときにヒューヒューと音を出すことも
あります。

原因はウイルスで、中でも多いのは
パラインフルエンザウイルスによる感染と
言われています。

気道の中で最も細い声帯の部分の粘膜が炎症を
起こして腫れるため、この様な症状になります。

咽頭ジフテリアで起こる真性クループと似ています
ので、一般に仮性クループとも呼ばれています。

咽頭炎のケア方法

やかんや加湿器を使って湿度をあげる

咽頭炎にかかると、昼間はたいしたことがないと
思っていても、夜中に急にひどくなることが
多くあります。

症状も急に進みますので注意が必要です。

呼吸困難になって、唇や顔が紫色になったら、すぐ
にかかりつけの病院へ。朝まで待つと危険です。
赤ちゃんが風邪っぽいときには、隣で寝るように
しましょう。

咽頭炎(クループ症候群)はウイルスが原因の
病気ですから特効薬はありません。早めに受診し
自宅では、やかんや加湿器を使って湯気をたてるなど
できるだけ室内の湿度をあげてください。

熱いシャワーを浴室の壁に当てて湯気をたて、
その中にしばらくいるだけで、少し楽になります。

その他にも、背中にクッションを当てて上半身を
高くしてあげると呼吸も少し楽になるでしょう。