熱の出る病気 一覧

子供の熱射病と日射病の症状とケア方法

子供に起こりやすい熱射病の症状や日射病との違い、
万が一あなたの子供が熱射病になってしまった場合の
ケア方法を掲載しています。

近年、子供の熱射病による症状が原因と見られる事故
などが増えています。

その症状とは高熱で顔色が赤く、ぐったりとして吐き気や
生あくび、めまいなどが起こります。

放っておくと数時間で脱水症状になりますので大変危険です。

熱射病は閉め切った暑い部屋や車の中に長時間いたときに
起こります。一方、日射病は戸外で強い直射日光にされされ
た時に起こります。

どちらも暑さのために体温のコントロールがきかなくなり
体に熱がたまって体温が急に上がったことが原因です。

熱射病・日射病のケア方法はすぐに風通しの良い涼しい
ところや、冷房の効いた部屋に移し、水を飲ませて
頭を高くして寝かせましょう。

そして衣服をゆるめて頭や体に冷たいタオルをあてたり
腕や足に水をかけて体を冷やします。

ただし、冷房や扇風機の風が直接体に当たると脱水症
が進んでしまいます。

このような処置をしても高熱が続いたり、ケイレンを
起こすときは、ただちに病院へ連れて行きましょう。
特に赤ちゃんは脱水症を起こしやすく、脱水症になると
急激に進行するので注意が必要です。

日射病にかかりやすいのは外で遊び始めるようになって
からなので、そこまで大きな事故となるケースは
少ないようです。

ですが、夏に車の中に赤ちゃんをおきっぱなしにして、
熱射病にさせてしまったという事故がよくあります。

どんなに短時間でも、赤ちゃんを車の中におきっぱなし
にすることは危険です。


1 2 3 4 5