扁桃炎 一覧

扁桃炎の症状、高熱と喉の痛みで、食欲ダウン、声もかすれます。

39~40度くらいの高熱が出て、のどの奥にある
二つの扁桃が炎症を起こして赤く腫れます。

 

扁桃が腫れていますので、つばを飲み込んでも
痛がったり、声が枯れて泣き声がかすれたり、
食欲不振という症状が見られます。

 

炎症がひどいときには、くびやあごのリンパ腺が腫れます。

耳の下のリンパ腺をさわると、腫れているのが
わかりやすいので、ママは必ずチェックしてください。

 

扁桃炎は何度も繰り返すと慢性化したり、
ショウコウ熱やリウマチ熱、急性腎炎などの病気の
ひきがねにもなります。

ただし乳幼児のうちは、単なる扁桃炎で終わるケース
がほとんどです。

 

扁桃炎の原因とケア

消化のよい食べ物と水分補給など、食事ケアが大半

扁桃炎はウイルスや細菌の感染によって起こります。
抗生物質を服用することが多いのですが、急には
良くならないのが普通です。

 

かぜと同じように、あたたかくして安静にしていましょう。

 

のどの痛みが強いですから、小さい子供には特に
食べ物に関するケアが大切です。

 

ポタージュスープや煮込みうどんなど、消化がよく
食べやすいものを食べられるだけ与えましょう。

また、熱があるので水分はタップリあげてください。

 

咽頭結膜熱(いんとうけつまつねつ)の症状

のどと目が真っ赤になり高熱がでる

俗に「プール熱」とも呼ばれます。
原因はアデノウイルスとうウイルスです。

 

プールで感染することがよくあるので、プール熱と
言われています。

 

夏から秋にかけて流行り、赤ちゃんより幼児や学童
に多い病気ですが、感染力が強く、兄弟がいる場合など
は、そこから赤ちゃんへとうつってしまいます。

 

感染すると、眼球を覆っている粘膜に炎症が起こって
目が真っ赤になり、目やにがたくさん出ます。
喉も赤くなり、痛みがでて同時に高熱も発します。

 

ですが、赤ちゃんの場合はこうした症状が全て揃わない
こともあり、下痢や嘔吐といった症状が出てくること
もあります。

 

咽頭結膜熱のケア

安静にして症状がおさまるのを待ちます。

熱が何日か続くことが多いのですが、ウイルスが原因
なので特効薬はありません。

 

熱やのどの痛みを緩和する対処療法が中心です。
かぜの時と同様、家の中で静かに過ごしましょう。

 

脱水症状に気をつけて水分補給をちゃんとしていれば
あまり心配はいりません。

 

気をつけたい事は、このウイルスは感染力が強く
兄弟などで誰かプール熱の症状が出たときは

・同じ洗面器は使わない ・タオルは別にする
などのケアを行なうべきです。

 

また、症状が引いたあとも2週間ほどは便の中に
ウイルスがいますから、おむつを替えた後は十分に
手を洗ってください。